ヘルプセンター
サポートページメールを使おうMicrosoft Outlook 2016でWebメールを使おう

Microsoft Outlook 2016でWebメールを使おう

ここでは、Webnodeの webメールをMicrosoft Outlook 2016で使うための設定方法をご紹介します。ここでの設定方法はほかのメールクライアントでも同様に使うことができ、Outlookの違うバージョンでも設定はほぼ一緒です。 

設定する前に、WebnodeのWebメールアカウントを開設しておく必要があります。

重要:  webメールアカウントを正しく設定するために、Webnodeのどのメールサーバーにご自分のメールアカウントがあるかご確認ください。
この情報はメールアカウント設定後にお客様に送られている最初のメールに記載されています。メールアカウントにログインし、最初に来ている設定内容が書かれたメールを開けると確認できます。メールサーバーはmail1.webnode.com もしくは mail2.webnode.com のどちらかです。

ご不明な場合はsupport@webnode.jp までお問合せください。 

メールはこのようになっています:

さあ、Microsoft Outlook 2016でメールをチェックできる設定をしましょう! 

1. Microsoft Outlook 2016 を開き、ファイルタブをクリック。

2. 出てきた画面で アカウントの追加 をクリック。

3. 画面下の 自分で自分のアカウントを手動で設定 にチェックを入れ、接続 をクリック。
 4. 詳細設定で、POP または IMAP を 選びます。メールアカウントのパスワードを入力するように求められますので準備してください。

POPとIMAPのどちらを選べばいいか、違いについては下の方で出てきます。

5. パスワードを入力したら、使用している証明書についてのウィンドゥが出る可能性があります。この場合、証明書を認証し進めてください。続いて、デフォルトサーバーのために、パスワードとユーザー名を入力します。パラメーターが有効でないため、この画面ではキャンセルを選択し、その次のウィンドゥではアカウント設定の変更をクリック。

上記の画面が出てこなければ、次の6に進みます。

6. 正しいメールサーバーの情報を入力します。サーバーのポート番号は アカウントの種類 (POP または IMAP)によって異なります。

7. a) POP アカウント設定
受信メールサーバー:mail1.webnode.com または mail2.webnode.com
送信メールサーバー: mail1.webnode.com または mail2.webnode.com
サーバーポート番号(受信メールサーバー): 995
サーバーポート番号(送信メールサーバー ) : 465

このサーバーは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要にチェックを入れます。

b) IMAP アカウント設定
受信メールサーバー:mail1.webnode.com または mail2.webnode.com
送信メールサーバー: mail1.webnode.com または mail2.webnode.com
サーバーポート番号(受信メールサーバー): 993
サーバーポート番号(送信メールサーバー ) : 465

このサーバーは暗号化された接続(SSL/TLS)が必要にチェックを入れます。

Choose encryption type SSL / TLS
ご注意: IMAPアカウントでは、フォルダーを正しく設定することが必要になります。詳細は以下の9を参照ください。
8. 次へをクリック。メールのパスワードを入力します。入力が終わると設定が完了したとのメッセージが出ます。
9. IMAP アカウントを使用する場合、OutlookソフトのOutlookフォルダーに設定をする必要があります。Outlookを開いて、受信トレイを右クリック、IMAPフォルダーを選択します。
10. 出てきた画面で、階層形式で表示するとき、購読済みフォルダーのみ表示するのチェックを外します。このオプションが解除されます。


メールとフォルダーのアップロードが始まります。大量のメールがある場合、時間がかかることがあります。数分待つか、Outlookを再起動ください。

これでメールボックスの設定が終わり、メールクライアントと接続できました!

Webnodeのポータルからメールボックスにログインすることもできます。

ポイント:

1.  POP と IMAPの違いは? どちらを使ったら?

POP もIMAP も受信メールプロトコルで、メールクライアントのは受信メールメッセージはメールサーバーに保存されます。
POP (POP3):メッセージは端末にダウンロードされます。その際メッセージはサーバーからは削除されるので他のパソコンやメールクライアントでは見ることができなくなります。POPのメリットはネットに繋がなくてもパソコンなどでメッセージが見られる点です。 POP プロトコルはネット環境がよくなかったり遅い場合や1つの端末のみでメールを管理する場合に適しています。

IMAP:POPと違いメールサーバー上のメッセージをリアルタイムで表示します。一つの端末で行った変更はほかの端末やメールクライアントでも確認できます。例えば、スマートフォンで受信メールを削除した場合、ウェブメールのようにこの削除はほかの使っている端末やウェブメールインターフェースにも反映されます。どの端末から送られたメールでもほかの端末で同じように確認できます。IMAPを有効活用するにはネットの常時接続が必要になります。
よく外出するなどしてメールを複数の端末で確認する場合、IMAP は便利です。

2. メールアカウントがメールソフトにうまく設定できない?

Webnodeのサポートチームは設定のお手伝いをさせていただきます。設定したいメールアドレスと設定したいメールクライアント名(Outlook, Mac Mail など)をお知らせください。 Webnodeのアカウント内にあるお問い合わせフォームが便利です。

より適切なご案内をさせていただくために、メールクライアントの設定画面の画像をお送りいただくと大変助かります。(特にメールサーバーやポートの設定画面)エラーメッセージが出ていましたら合わせてその内容もぜひお願いします。